seo対策ライティングとは?おさえておくべき基礎や注意点すべきポイントを解説

スポンサーリンク



seo対策ライティング静岡でのWebconsulの強みをご紹介させて頂きます。

このページをご覧いただきありがとうございます。

当社は、静岡県焼津市を拠点にいかのようなサービスを主に提供しております。

ホームページ制作(スマホサイト,セールスページ(LP)、特化サイト)

seo対策(検索順位上位表示対策)

YOUTUBE動画制作

インドアビュー

事業用集客コンサルタント

アフィリエイト事業。

個人向けアフィリエイトコンサルタント事業。

少しでも地域密着で、静岡県の地域活性化になるような集客戦略をウェブマーケティングコンサルタントとして活動しています。

当社は、Webconsul(ウェブコンサル)と申します。

当社が最も差別化の意識として強い姿勢を見せている一つがライティング

seo対策ライティングについて、このページでは、以下の内容をご紹介しています。

seo対策のライティングとは何?

seo対策のライティングでWebconsulが持つ差別意識

seo対策のライティングをWebconsulが結果で見せられると言える根拠!(画像付)

業種を問わず、売れる記事を書く専門の会社は無いのか?

法人、個人自営業の規模を問わず相手にしてくれる会社はいないの?

専門知識分野の記事は、自分たちで書かなければいけないの?

正しいインターネット集客術をしたい。

こんな悩みをお持ちの方は、じっくりご覧ください。

seo対策ライティングとは?

seo対策用ライティングとは

SEOライティングとは、SEOに強い(検索結果上位表示しやすい)文章を書くライティングスキル。

Webライティングとも呼ばれています。

SEOライティングと一般記事の違い

seoライティングと一般記事の違い

以下の表にまとめております。

一般記事 ユーザー(読み手)に意味が伝わることを意識する文章を書くことが優先される
SEOライティング 検索エンジンクローラー(機械)にもわかりやすく書く必要がある。

つまりは、一般記事に機械にも伝わる文章を構成するのがSEOライティングです。

読み手には、日本語でイメージができる。

しかし、GoogleやYahoo等の検索エンジンはどうでしょうか?

日常会話に用いる表現をそのまま使用すると伝わりません。

よって、機械にも人にも伝わるように考えることには、一定のスキルが求められるのです。

 

人間の目とseo対策ライティング

seo対策ライティングWebconsulの強み

SEOにおいて、重要な項目の一つに「滞在時間」という項目があります。

検索順位上位表示をしたとしても、必ず定着するとは限らない。

この時の順位変動の影響の一つとなるのが、ユーザーにとっての有益性。

具体的には何を基準に機械は判断しているのか?

この答えの1つが滞在時間です。

ユーザーが求めるコンテンツを書く。

この点を無視することはできないのです。

検索ユーザーの意図を読み解く

検索ユーザーの意図

ユーザーは、以下の流れでWebサイトやブログに訪問をします。

  1. SNSやYahoo,Googleを通じて、キーワードを入力。
  2. 検索の結果の中で、自分の目的が達成できると思えたページを開く。

この先で、ユーザーの検索意図をどう解決しているのかが大切。

例えば、ユーザーが「静岡 観光地」と検索をします。

以下のような情報を必要としていることが想像できます。

  • 静岡県に観光を使用としている
  • 静岡県を通過する際の寄り道スポットを知りたい
  • 遠征、帰省等のついでにお出かけをしたい

検索キーワードは、その人の目的を意味します。

つまりは、その人が求める情報を掲載することが重要。

記事コンテンツは、情報の提供である。

ユーザーの行動(アクション)

ユーザーの行動

作成されたページは、何をゴールにしているのか?

例えば、先ほどの事例の延長では、以下のようなゴールがある。

  • 観光スポットの案内マップをダウンロードする
  • 観光のメルマガ読者登録をする
  • 観光に関連する外部サイトで会員登録を行う

上記のような行動を起こすことがユーザーにとっても有益性が認められる一つである。

つまり、ページに訪れた後そのまま閉じる(離脱する)ページにしない。

これがもう一つのポイントになります。

記事内の構成

記事内の構成

この項目は、機械的な認識のために必要。

記事コンテンツを人の目で認識しているのと同じように機会は認識してくれない。

ではどうすれば機械が認識しやすいのか?

この答えは、以下のような項目が存在します。

  • 見出しを使う
  • 太字を使う
  • マーカーを使う

順にご紹介していきます。

見出しを使う

見出しとは、機能で言えば、H1、H2、H3などがあります。

それぞれの意味を下記にまとめます。

要素 意味
H1 そのページのメインタイトル
H2 記事コンテンツ内のメインの大枠
H3 記事コンテンツ内の細分化された内容

上記のように、機械にもただ文字が並んでいるのではないことを伝えることが大切。

本文は何を意識するべきか?

ホームページ本文の作り方

本文においては、以下のような点を気を付ける必要があります。

  • 接続語を多用しない
  • 同じ語尾を連続して使用しない

順に解説していきます。

接続を多様化しない

接続語とは以下のような表現。

用語 意味
しかし 逆説
そのため 理由
また 並列

これらを多く利用すると何が悪いのか?

機械的には、結論が分からなくなる。

だからこそ、接続詞は多用しない。

同じ語尾を連続して使用しない

「ですます調」などの表現が多くなってきた。

しかし、この表現を追求することは賢明とは言えない。

なぜか?

語尾を整えることは、ユーザーにとって読みにくいから。

相手(読者)は人間です。

感情を動かすことが重要になります。

喜怒哀楽を表現したい文章がすべて「です」や「ます」で表現できるでしょうか?

検索エンジンを意識することと読者向けの表現は似て非なる部分があります。

 

検索順位上位表示できる記事作成のコツ

検索順位上位表示させる記事作成のコツ

Google検索結果上位表示を目指すのは、個人、法人を問いません。

Googleのアルゴリズムも日々進化しています。

しかし、日本人が用いるすべての日本語を正確にとらえているわけではありません。

では何を意識すれば上手に文章が書けるようになるのか?

ポイントは下記の通り。

  1. 代名詞は避ける
  2. タイトルや説明文
  3. hタグの活用方法
  4. 共起語を使う
  5. 画像のaltタグを最適化
  6. わかりやすいパーマリンク

順にご紹介していきます。

代名詞を避ける

seoライティングの注意点

「これ」「あれ」「それ」等の表現を日本語のブログやコラムでよく目にする。

日本人には「それ」が何を意味するのかがわかる。

しかし、機械にはわからない。

つまり、「代名詞」がわからないと、主語がないとなってしまうリスクがある。

わかるはず。

伝わるはず。

この思い込みを捨てることが大切です。

タイトルや説明文

seoライティングとタイトルや説明文の関係

SEO対策を行う弊社でも最初の添削依頼をいただきました際には、以下の項目からチェックします。

  • サイトタイトルと各ページのタイトル
  • 全てのページのそれぞれの説明文

この2つは、検索エンジンにおいて、ユーザーが最初に目にする項目です。

つまり、この内容が検索エンジン向けに整っていないとコンテンツの内容が伝わりません。

タイトルと説明文がきちんと整っていると、ユーザーが検索してからのクリック率も上昇します。

hタグの活用方法

コンテンツ全体において、hタグがゼロということはほとんどありません。

「検索ユーザーの意図を細分化する」

「大見出し、小見出しの2種類でわかりやすくする」

この2つは、必ず必要になります。

共起語を利用する

共起語とは、検索キーワードに対する文章内に含まれるべきキーワードのことを意味します。

例えば、一人暮らしの手続きについての記事なら?

「住民票、区役所、身分証、電気、ガス、水道」などはたいていのページで紹介されているキーワード。

つまりは、ユーザーの検索意図に結びつくキーワードを配置する。

共起語が、文章の中に不自然にならないバランスで配置されていることがスキルなのです。

画像にaltタグを設定する

altタグとは、画像1枚に対しての説明(補足用テキスト)。

Googleの検索エンジンでは、まだ写真の画像をスキャナのように読み取っても番号の認識程度しかできません。

人の目と同じように、「海」「雲」「川」等見た情報から名刺と結びつけることはできません。

よって、機械にも画像について正しく認識できるようにします。

普通のライティングでは、ほとんどの人が設定しません。

SEOを意識したライティングと言うのは、画像の枚数や設置サイズ、ファイルの種類、alt等すべてにこだわります。

わかりやすいパーマリンク

パーマリンクとは、URLの1ページの最後の部分。

例えば、maru.com/○○/というと、○○の部分です。

パーマリンクが以下の2つに分かれていた.

  1. p1234
  2. shizuoka

どちらのほうが意味が伝わりやすか?分かりやすいでしょうか?

当然、2のほうが静岡のことを書いているのかな?と想像がしやすい。

ライティングとは、ページ細部にまで意識が必要です。

 

コンテンツ内の文字数と検索順位の影響力

コンテンツ文字数と検索順位への影響力

SEOライティングにおいて、「記事コンテンツの文字数」は、重要です。

しかし、誤解されている人も非常に多いのが現実です。

結論を言えば、コンテンツの文字数は、1キーワード単位で異なります。

その根拠は?

例えば、車検とは?を調べる人がいました。

この人は、車検の何を知りたいのでしょうか?

  • 費用?
  • 用語の意味?
  • 必要な時期?
  • 購入前の義務?
  • 外国籍の人が日本で車を購入する前の悩み?

多岐にわたる。

この答えとして、用語の解説のみであれば、500文字から1000文字程度でもじゅぶうん対応可能。

一方で、今あなたがご覧いただいている内容は、どうでしょうか?

4000文字から5000文字は簡単に超えてると思います。

しかし、文字数を減らして、内容をもっと簡略化したら、意味は伝わるでしょうか?

ほとんどの方は、ユーザーの悩みが専門用語ばかりでわからないと回答するはずです。

つまりは、用語の意味を含めた深堀の情報を求めていると言う事になります。

結果的に、文字数という概念は、あまり定数で求めても意味がありません。

情報の優位性を出すということは、関連記事を増やすなどの工夫も必要になってきます。

SEOライティングの勉強は本や書籍では遅い

seoライティングを本や書籍で学ぶのはやめとけ

Webマーケティングに関する勉強をする際、多くの人が本や書籍で学ぼうとする。

弊社では本や書籍でやり方を学ぶことは遅いと伝えています。

なぜか?

アルゴリズム変動が活発

私は、ライティングに10年以上携わってきました。

この中で、2020年2021年は、アルゴリズムという検索システムのアップデートが活発になった時期でした。

多くのブログ経験者や企業のWeb担当者から嘆きの声が聞こえてきました。

つまり、今の最前線で知識を吸収しなければ意味がない。

むしろ、この先の数ヶ月後にはまた更に変わる可能性も秘めているのです。

「これからの」というタイトルでは、ほとんどが仮設。

つまりは、違う可能性も秘めている。

だとするなら、一冊、二冊と購入しても結果は、同じ。

 

体験から学ぶことが近道

弊社では、SEO対策を全て外注せずに自社で担当しています。

1ヶ月に平均して5000コンテンツを書いています。

これだけの量をこなしながら、常日頃から新しい記事だけでなく、数年前に公開した記事も修正しております。

当時は検索順位1位だったはずが、30位、50位に転落した。

このようなコンテンツも再復活に成功しています。

ポイントは、当時のやり方を引きずらないこと。

昔はうまくいっていたかもしれないやり方でも明日からは全く違うかもしれない。

このくらいの意識で常に過去と今と未来を見据えて作業を行っております。

弊社へは、SEO対策以外でも以下のようなサービスも展開しています。

  • 第三者としてのSEO対策コンサルタント
  • 検証結果のみの業務委託

お気軽にご相談ください。

Webconsulのseo対策ライティングの自信の根源1.自社運営サイト

当社は、アフィリエイト事業も行っております。

アフィリエイトとは、自分のサイトに、さまざまな異業種や会社の広告を貼って商品を紹介するという広告代理業。

このサイトで、当社のライティングスキルは明確な結果を出すことに成功しています。

seo対策ライティングWebconsul

このデータをご覧頂く上で、以下の内容を御覧ください。

Returning Visitorとは、リピーター。

緑で示すデータの通り、46%が再度ページに訪れております。

ページ/セッションというのは、1名が平均何ページを閲覧しているかというデータ。

2.83という数字は、なかなか個人が運営しているサイトでは難しい数字。

ページビュー数:今回のデータは、1ヶ月にページを見られている数を示す数字。

17万8520ページが閲覧されている証拠となります。

こうしたデータを根拠にした静岡県内の法人、自営業にむけたインターネット集客用の記事を書く。

これが最大の根拠となります。

Webconsulのseo対策ライティングの自信の根源2.売れるんです

個人が配信しているホームページでも、商品は売れるのです。

seo対策ライティング静岡Webconsulの強み

・ホームページはあるのに、反応がない!

・検索順位の上位表示は出来ているのに、売上が伸びない!

・検索順位が上がらない。

・売上がどんどん落ち続けている。

・専門分野だからと、全部こちらが記事を書く事になってしまった。

・どういう事を書けば良いのか教えてもらえる相手がいない!

だったら、Webconsulがお応えします。

seo対策静岡県焼津市Webconsulにて、よくある悩みをご紹介しています。

以下のような個人、企業の悩みも参考にしてください

学びたい人の悩みスレ

コンテンツマーケティングについて

当社コラムおすすめコンテンツ

ホームページ作成料金静岡に多い誤解SEO対策静岡に多い誤解ホームページ集客静岡に多い誤解ホームページ集客セミナー静岡アンケート調査

まずは無料相談してみる!

Webconsul相談フォーム

コメントを残す

サブコンテンツ

SNSでつながろう

このページの先頭へ